二人の一生の思い出|婚約指輪選びで後悔しないためのポイント

婚約する時の指輪選び

ハート

時間にゆとりを持って選ぶ

一生に一度の記念品になる婚約指輪を購入する時は、後から後悔する事がないように慎重に選ぶ事が大切です。日本で婚約指輪を送る習慣ができたのは明治の時代になってからで、結婚する相手との固い絆を表しています。婚約指輪の平均的な相場は33万円になっており、9割以上の人が使用する石にダイヤモンドを選んでいます。ダイヤモンドの大きさは0.3カラットのサイズが人気になっており、品質と価格が両立されているため、お値打ちです。婚約指輪を購入する際は、挙式をする1年前から選ぶ事で、自由にデザインや色を決める事ができ、時間にゆとりを持つ事ができます。挙式をする半年前には結納を行うケースが多いため、それまでには婚約指輪を用意しておく事が大切です。

オーダーする事ができる

婚約指輪は既製品とオーダーに分かれているため、自分が納得できる方法で購入する事が望ましいです。既製品の婚約指輪は、すでに石やデザインが完成しているため、実際に指にはめて雰囲気を確かめる事が可能です。そのため指輪を購入した後に失敗する事が少なく、自分の雰囲気に合った指輪を選ぶ事ができるため有難いです。また値段のリーズナブルな指輪が多く、同じ予算で高品質の指輪を購入する事ができるため嬉しいです。オーダーで婚約指輪を購入する場合は、世界に一つだけの指輪を作る事ができるため魅力的です。使用する石やアームの材質や色を、全て自分の好みで決める事ができるため、満足度の高い婚約指輪を作る事ができ素敵です。オーダーで婚約指輪を作る時には、3ヶ月程度の期間が必要になるため注意が必要です。